バッファローウィングがイケテル店の巻

louie.jpg シカゴは寒い冬に外でうろつけないだけに、その鬱憤を晴らす場としてなのかバーが山ほどあるが、そんなバーの中でもシカゴアンの若者に大人気で、いつ行っても溢れるような人ごみの店がこのバー・ルイである。
 シカゴのダウンタウンを中心に数店舗展開しているこの店は、その店のどれもがある程度のレベルを保った若者受けするだろうインテリアで、大きなスクリーンのTVでのスポーツ観戦や、奥にはちょっとしたフロアーなんかもあって、そこで踊ったり、パーティーを開けるようになっている。
 じゃあそれだけで、この山ほどバーのあるシカゴで人気店になることができるのか? いや、もちろんそうではない。 この店がそれほどの人気なのは、バーとしての基本条件を備えておきながら、さらに若者を喜ばせる激安メニューが揃っていることなのである。 もちろん若者だけではなくて、私のようなおじさんだって激安はうれしいのであるが。
 その激安メニューというのが、ニューイヤー、スーパーボール、バレンタイン・・・と年中続くイベントの嵐において実施される生ビールグラス一杯が1ドルとか、ハンバーガー1個1ドル、バッファローウイング1個25セントとかいうものだ。
 これらのメニューの素晴らしいところは、それがただ単に安いというだけではなくて、ハンバーガーにしてもマクドナルドの1ドルバーガーとは出来が違うちゃんとしたバーガーだったりするところなのだ。 そしてさらに素晴らしいのは、この店のバッファローウイング。 アメリカのこういったバーを楽しむ場合には必須条件であるとすら思っているビールとバッファローウイング。 そのバッファローウイングがただでさえ安いという値段のことを置いておいても、絶妙の味付けと、これまた相性抜群のブルーチーズソースを絡めて食べられるのだ。 
 そういうわけで見たいスポーツ中継がある時などは、この店でバッファローウイングをパクつきながらTV観戦するというのが私の決まりごととなっている。 その姿にあきれた奥さんは、「またレッドネックみたいなことをして」なんて呟いているが・・・。
バッファローウイングのファンはクリックお願いします。banner_03.gif
Bar Louie
1704 N. Damen Ave.
773-645-7500
Hours: 11 a.m.-2 a.m. Sunday through Friday; 11 a.m.-3 a.m. Saturday
$:10~20ドル

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on Tumblr

4 Comments

  1. 返信
    世界の旅 20/03/2006

    ブログで世界旅行

    今日はこの記事の紹介をします。

  2. 返信
    海の向こうで 20/03/2006

    海の向こうの出来事

    参考になります。

  3. 返信
    kyanako 22/03/2006

    はじめまして。
    いつもその日に行ったレストランを載せているのですか?
    バッファロー・ウイングというのはどんな食べ物なんですか?

  4. 返信
    sushi 26/03/2006

     kyanako さんへ
     いつもその日にいったレストランを紹介しているというわけではありません。
    気が向いた時にパパパ~ッと記事を書いてそれを、少しずつ更新しています。
    まあ食べ歩きが趣味なので、かなり毎日のように食べ歩いてはいますが・・・。
     ちなみにバッファロー・ウイングというのは、基本的にはちょっとスパイシーなアメリカのバーベキューソースっぽいものがたっぷりかかった、ビールの友といった食べ物です。
    ただバッファローとはいっても、牛のバッファローではなくてバッファローというところで生まれたチキンの食べ物なんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA