四川料理のおいしい店の巻

laoszechuan.jpg シカゴの旨い中華料理店ということになると、まず真っ先に名があがるのがフェニックスだったりする。 もちろんフェニックスは旨い。 私ももう何度通ったかわからない。 だがフェニックスの場合のそれは飲茶という意味である。
 別に飲茶だから悪いというわけではないのだが、飲茶はやっぱり1人2人でいくというよりは、大勢の人で繰り出して、ワイワイやりながらいろんな品を頼むのが正しいという物。 そういうわけで、飲茶ではなくて一人でいっても十分楽しめる中華ということになると、やはりこの老四川は絶対に外すことはできない。
 シカゴのローカルTV局WTTWのメンバーが大ファンということで、一気にその人気に火がついたこの店だが、人気店になった現在も味・サービス共に素晴らしく、今までに食べに行って後悔させられたことはまだない。
 マンダリン・シェフという英語名からすると全然違う料理を想像してしまうシカゴアンも多いこの店だが、実は数年前からはXiao Jun Huシェフが指揮する四川料理の店だったりする。 ただし店の外にはデカデカと漢字で「老四川」と書いてあるので、日本人ならすぐにどんな料理を出す店か想像できるが・・・。
 本格的四川料理の店だけあって、メニューの中にはズラズラ~ッと激辛の品々が並んでいる。 それだけに辛い物が苦手な人には困ってしまう内容だが、辛い物が大好きな人ならば絶対に満足できるスパイシー度と味である。
 旨い、安い、ボリュームたっぷり、そして辛い!と4拍子そろったこの老四川は、激辛ファンなら絶対に逃せないグルメスポットである。
 
食べてみたいと思ったらクリックお願いします。banner_03.gif
*シカゴに関することなら、シカゴ総合情報サイトUS新聞ドットコム
Mandarin Chef/Lao Sze Chuan
2172 S. Archer Ave.
312-326-5040
$:10ドル
Hours: 10:30 a.m.-midnight daily.

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on Tumblr

4 Comments

  1. 返信
    H.O 21/04/2006

    最高に美味そうです・・・お腹が空きます・・(^^;

  2. 返信
    ちえ 21/04/2006

    いつも、楽しく拝見して楽しんでいます。
    ためになる情報をありがとうございます。
    私も、3日前に老四川に行きました。
    ネイパービル店に行ったのですが、美味しかった。
    もともと辛い料理は、好きではないのですが、
    ここの料理の辛さには、ちゃんと理由のある辛さ!という感じで、辛い中に本当にうまみがあってよかったです。
    辛さは後を引かず、うまみが余韻になっていて、本当によかったです。
    激辛ファンでなくてもおすすめですよー

  3. 返信
    sushi 22/04/2006

      H.Oさんへ
     この店はよくある人気が上がるにつれ味の方は・・・、というパターンに陥っていないところが素晴らしいです。
    おいしいですよ。

  4. 返信
    sushi 22/04/2006

      ちえさんへ
     おやっ、またまたシカゴアンの書き込みですね。
    最近あちこちで「参考にさせていただいてます」という声を聞くようになって、ちょっと緊張しています。
    何しろ自分の好きな店へふらっと入る、あくまでB級グルメ人間ですので・・・。(笑)
    >ちゃんと理由のある辛さ!
    まさにその通りですね。
    私もこの店の辛さは大好きです。
    実は奥さんの友人がこの店のオーナーの奥さんなので、以前にその味の秘密をたずねたのですが、当然ながら教えていただけませんでした・・・。(汗)
    残念!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA