一度行けば忘れられないカフェの巻

f212.jpg 「ちょっと他とは違ったカフェへ行ってみたい」、そんな人ならまずは行ってみて損はないのがこのF212である。 なにしろシカゴにカフェは数あれど、ここまでファンキーな店というのもそうそうあるものではない。
 F212というまるで戦闘機か爆撃機のようなネーミングの店名は、「ファーレンハイト」つまり華氏の頭文字Fからきており、このF212というのは水が沸騰する温度だったりする。 またロゴや、店内の天井から吊り下がっている大きなオブジェは、カフェイン分子の構造からインスピレーションされた物だそうだ。
 と、まあこんな具合で、サイエンティフィックなイメージに統一されたデザインのこの店だが、店内の照明もこれまた独特で、シャープなグリーンライトで輝くエスプレッソ・バーや、ボワ~ンと滲むような色合いのレッドライトのシーティング・エリアなど、まるで60年代後半から70年代前半の前衛作品の中に迷い込んだかのようなサイケデリックな空間が広がっている。
 エスプレッソ系のドリンクも、各種取り揃えられたデザートもなかなかのレベルなのだが、やはりこのインテリアが余りに強烈で、誰もが一度訪れれば決して忘れることのできない物であることは間違いない。 
 じゃあ、その気になるインテリアを仕掛けたデザイナーは誰なのかということだが、あのセレブが訪ねることでも話題になったシカゴ・ナイトシーンの華「Mod」、「Sonotheque」、「Sugar」などのデザインを次々に手がけたローカル・インテリアーデザイナーのグルであるSuhailだったりする。
 まあその業界では知られた名であるのが、日本人でこの名前を聞いたことのある人はかなりの通だろう。
この店が気になったらクリックお願いします。banner_03.gif
*シカゴに関することなら、シカゴ総合情報サイトUS新聞ドットコム
F212
401 N. Wells St.
312-670-4212
$:10ドル以下
Hours: 8 a.m.-midnight Monday-Friday; 10 a.m.-midnight Saturday; 10 a.m.-5 p.m. Sunday

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on Tumblr

2 Comments

  1. 返信
    May 22/04/2006

    F212・・・そんな意味が~~
    勉強になりました。。。
    この照明も生で見てみたい~~ィ。
    インテリアーデザイナーのグルSuhail・・・
    わたしSushiと読んでた(笑)

  2. 返信
    sushi 22/04/2006

     Mayさんへ
    >インテリアーデザイナーのグルSuhail・・・
    確かに言われてみると、Sushiと読みそうになる綴りですね。
    特にMayさんとは毎日のようにやり取りしているだけに。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA