不思議に馴染むカフェの巻

kafein.jpg☆おいしいグルメランク☆ 
 なんともいえない空気感を持つカフェのカフェイン。 これまでにも紹介してきたが、エバンストンはシカゴ近郊では珍しい学生街らしい雰囲気を持つ街である。 そしてこのカフェインは、そんな街に相応しいちょっとアウトサイダー的な時間を漂わせている。
 このごろでは珍しくもなんともないが、フリーで接続できるワイアレスと、何杯飲んでも無料のコーヒーがあれば、この昼でも薄暗いカフェで外の世界とは隔離されたような時間を過ごすことができる。
 どことなくヒッピーな香りを漂わすインテリアは、ごちゃごちゃとなんだかわかんない風に感じるが、その辺が馴染んでくるとまたいい感じになってきてしまう。 エバンストンには学生が多いだけあって、街の規模の割にはカフェがかなりの数存在するのだが、その中でも一番良く私が利用するのはこの店だったりする。
 その辺りはまあ特に味がいいとか、おしゃれだとかいうのではないのだが、一度落ち着いてしまうとまた戻ってしまう感覚とでも説明すればよいだろうか。 そして私と同じようにこのカフェの雰囲気に馴染んでしまっているおじいさんが実は一人いて、今までにまだ話しかけたことはないのだが、いついっても一番奥の本棚の横にあるカウチに腰掛けて本を静かに読んでいるのである。 
 エバンストンらしいカフェを味わいたい人はどうぞ。
読後の一押しお願いします。banner_03.gif
*シカゴに関することなら、シカゴ総合情報サイトUS新聞ドットコム
Kafein
1621 Chicago Ave.
Evanston 60201-4504
847-491-1621
$:5ドル
Hours: 10 a.m.-2 a.m. Sunday through Thursday; 10 a.m.-3 a.m. Friday and Saturday

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on Tumblr

2 Comments

  1. 返信
    May 24/04/2006

    Kafeinのロゴ・・・スゴ~い。。。
    このロゴをバックにキャンドル&フラワー
    このミスマッチは???
    こういうのが 又いいんでしょうね!!

  2. 返信
    sushi 25/04/2006

    Mayさんへ
     そうそう、こういう感じがなんだかローカルっぽくて雰囲気があるのですよ。
    なんだかほっとしてしまうのは、やはり私がB級人間だからでしょう。
     レストランなんかでも高級レストランへいってもおいしいけど、地元民しかいかないようなローカルレストランへ食べに行った時が一番うきうきしています。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA