ウェストループの哀愁の巻

greektown-gyros.jpg☆おいしいグルメランク☆
 シカゴでも一番トレンディなレストランが次々に誕生しているウェストループ。 そのエリアでもメインストリートにあたるランドルフ・ストリートに面した一等地にありながら、格安の料金を今でも維持しているのがこのグリークタウン・ジャイロス。
 ほんの数年前まではむしろこの手の店ばっかりであったこの通りなのであるが、今ではお高いレストランやラウンジに取って代わられ、ひとつ、またひとつ消えていきつつある形態の店のひとつである。 それだけにすぐ隣に並ぶお洒落な服装に身を包んだ若者が通う店とはまったく別の、労働者や気さくな笑顔の元祖ウェストループ人間の姿が店内には溢れる。 
 
 特にこれといってお勧めはないのだが、腹を空かせた男性がバクバクッと安い飯を喰らい、薄めのアメリカン・コーヒーを水代わりにガブガブッと飲みながら、脂っこいバーガーやジャイロを胃へ素早く流し込むといった、いわばアメリカ版下町の大衆食堂といった趣の店である。
 ループから歩いて10~15分という距離もあって、窓際の席からはシアーズタワーが間近に迫ってくるように眺められるのだが、こんなに中心部に近いエリアでありながらこの値段で安飯を提供し続けれる店というものは、迫り来る地下の高騰とそれに続く税金の跳び箱競争で、いずれ去り行く運命にあるのではという哀愁をひしひしと漂わせている。
 別に特においしいというわけでも、見所があるインテリアをしているというわけでもない、ウェストループでごく普通に見られたこの手の店。 いったいこの店もいつまで持ちこたえることができるのかはわからないが、とりあえず世の腹ペコ労働者のためにもがんばって営業を続けて欲しいものだ。
読後の一押しお願いします。banner_03.gif
*シカゴに関することなら、シカゴ総合情報サイトUS新聞ドットコム
Greektown Gyros
800 W. Randolph St.
312-455-5900
$:5ドル
Hours: 6:00 a.m. – 11:00 p.m., Sunday through Thursday, open straight through from 6:00 a.m. Friday until 11:00 p.m. Sunday (24-hour service Friday and Saturday nights)

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on Tumblr

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA