チャイナタウンで人気の中華菓子店の巻

st-anna-bakery.jpg☆おいしいグルメランク☆
 チャイナタウンは食の宝庫だが、このセント・アンナ・ベーカリーはバブルティーや中華菓子が人気の繁盛店。
 Cermak Rd.を挟んで南北に分かれるシカゴのチャイナタウンにあって、南側のオールドチャイナタウンサイドには飛達という有名な中華菓子の店があるのだが、北側のニューチャイナタウンサイドではこのセント・アンナ・ベーカリーが一番人気。
 簡単なチャイニーズフードも食べれるのだが、やはりこの店に来る客のほとんどはそれらのディッシュではなく、焼きたてのあま~い香りが漂う胡麻団子やマンゴープリンなどの中華菓子が目当て。 もちろん値段の方も、さすがはチャイナタウンという感じでどれもこれもがバーゲン価格。
 かなり買いこんで、こんなに食べきれるかなあというくらいに買ってもせいぜい10ドル前後。 いや正直なところお土産にでもするのでなければ、10ドル分ものスウィートともなると「本気出せば私だってこのくらい食べられちゃうんだもんね。後のことさえ考えなければ・・・」ということになってしまうこと間違いなし。
 こんなにリーズナブルな値段でありながらも、味の方はチャイニーズ系の人々も認めるレベルなのだから、もうさすがはチャイナタウンと素直に頭を下げるしかない。 そしてこの味というのは、周りの友人の反応をみても同じアジア人である日本人に受けること間違い無しの味である。 
 というのもブラウニーやソフトクッキーなどしっとり系のずっしりケーキや、パイ生地やタルト系など欧米人が好む味というのももちろんおいしいが、全世界に散らばる中華系の人々が作るケーキという物は、どこで食べてもなぜか日本のケーキと同じ系統で、ショートケーキなんかは小さくて可愛いデコレーションに、ふわふわ軽いスポンジ生地なのである。
 これだけおいしい品々を、この値段で提供してくれる彼らの賃金とはいったいいくらなのだろうか? なんて頭をかしげながらも、あまりチャイナタウン価格に馴染んでしまうと、他ではなかなか同じような品に手を出せなくなってしまうから恐ろしい・・・。
読後の一押しお願いします。banner_03.gif
*シカゴに関することなら、シカゴ総合情報サイトUS新聞ドットコム
Saint Anna Bakery & Cafe
2158 S. Archer Ave.
312-225-3168
$:0.5~3ドル
Hours: 8 a.m.-8 p.m. seven days a week

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on Tumblr

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA