初めての人でも気軽にいけるメキシカン・グロッサリーの巻

chicagoproduce.jpg☆おいしいグルメランク☆
 もはやかつてのコリアンタウンという言葉が相応しいほどにメキシコ系の人々が多く住む、シカゴのコリアンタウンことローレンスアベニュー近辺。 
 ダウンタウンからだとCTAのブラウンラインで、終点のキンボールまで約40~50分のところにあるこのエリアには、コリアン系の人々が長年住んでいる場所と知られ、今でもおいしいコリアン・レストランが多く残っている。 だが他の大都市と同じくシカゴでも年々増え続けるメキシコ系を中心としたラテン系の人々がこの土地でも目立ち始め、今ではコリアン系の店、メキシコ系の店が通りには乱立状態となっている。
 そういうわけでコリアンタウンを訪ねたついでにといってはなんだが、メキシコ系のおいしい食材やレストランも楽しめてしまう場所でもあるのだ。
 そんなコリアン&メキシカンタウンのローレンス・アベニュー周辺だが、キンボール駅のすぐ近くにあって、チャイナタウンもびっくりというような値段で新鮮なフルーツや野菜が並んでいるのがこのシカゴ・プロデュース。
 特にラップやトルティーヤ、タコス、そしてサルサソースにアボカドといったメキシコ料理に必須の素材も格安の値段で揃えられているので、アメリカ人がポトラックの時に必ずといっていいほどに持ち寄るこの手の簡単かつおいしい料理の材料もここで本場物を手にいれることができる。
 ピルセンやシカゴダウンタウン南西部のように、「ここはメキシコか?」と見紛うかのようなラテン一色ではないだけに、日本人の方でも気軽に訪れやすいエリアにある本格的メキシカン・グロッサリーといえるだろう。
 
読後の一押しお願いします。banner_03.gif
*シカゴに関することなら、シカゴ総合情報サイトUS新聞ドットコム
Chicago Produce
Albany Park
3500 W Lawrence Ave
Chicago, IL 60625

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on Tumblr

2 Comments

  1. 返信
    May 28/05/2006

    店内はラテンジャズが響いてたりして??
    てな訳ないデスね・・・レストランじゃないんだから(笑)
    レッドピーマン(パプリカ)の色きれ~~い。。。
    この色は・・大丈夫(爆)
    アボガドも美味しいデスよね・・。。。
    ここの店員さん「いつもブログ見てるぜ!! この店も
    載せてくれて ありがとう~~  オブリガート~~」って
    言ったのかな???(笑)

  2. 返信
    sushi 31/05/2006

     Mayさんへ
     確かにアメリカの品は、野菜にしろ果物にしろかなり色が濃いしピカピカしてますよね・・・。(苦笑)
    ただし野菜本来の持つ匂いも、こちらの品の方がかなり濃厚でおいしいです。
    >ありがとう~~  オブリガート~~
    そうそうラテンの人たちはノリも良くって、写真を撮りやすくてうれしいですねえ。
    こういうふらっと買い物に行った先でのスナップは、暗い店内で他の客の迷惑にならないようにササッと撮影しなきゃならないので、厳しい条件が多いですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA