素朴なアメリカン・ブレックファストの巻

yellowstone017.jpg レストランで食事をするのが好きな理由。 それにはおいしいものが食べられる、その店ならではのインテリアやサービスを楽しむ、そして料理をする手間を省けるなんてのもあるが、旅先での外食においての一番の楽しみはやっぱり地元の人が集まるような店でローカルな雰囲気を楽しむということである。
 というわけで、朝食をとりに小さな町の外れにあるこのラングラーというダイナーへ入ってみたのだが、朝の7時過ぎだというのに30席ほどの小さな店内はすでに満席に近い状態という人気振りであった。 
 ただし昨夜のディナーをとった店との一番の違いは、観光客に加えて朝から店内でカウボーイハットを被って朝食をとっている男性陣や、アーミーの迷彩服に身を固めた兵士達がざっと10人ほどもコーヒーを片手に会話を交わしている姿など、シカゴのダウンタウンではまずお目にかかれない、かなりワイルドなイメージの客層であったことである。
 店内のインテリアもいかにもサウスダコタな感じで、板張りの壁にはバッファローの首がニョッキリ突き出していたり、天井からぶらさがっているランプはエルクの角で飾られたりしたものだった。 
 それだけに料理の方も素朴そのもので、店で食べるものというよりは、カウボーイが野外で焚き火をくべながらご馳走してくれるようなものであった。
 こういう空気感を味わえるから、旅先ではやっぱりふらっとローカルな店に入ってみたくなるんだよねえ。
読後の一押しお願いします。banner_03.gif
*シカゴのことならUS新聞ドットコムをチェック。
Wrangler Restaurant
302 Mt. Rushmore Road Custer, SD 57730
605-673-4271

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on Tumblr

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA