野を越え山を越えの巻

yellowstone028.jpg デビルズタワーを後にして、いよいよ今回の旅の最終目的地であるイエローストーンに少しでも近づくために一路ワイオミングを西へと向かって突っ走る。
 ワイオミングの東の端にデビルズタワーがあり、西の端にイエローストーンがあるので、半日かけていわばワイオミングを横断するという形である。 とにかくほとんど民家すら見当たらないような州なので、路上でもすれ違う車の数は数えるほど。
 ただそんな寂しいワイオミングだが、全米最低の人口数という人の気の無さを補って余りある変化に富んだ自然の景観は、まったく変化のない中西部の大平原ドライブに比べるとかなりドライバーを楽しませてくれるものだった。
 
 お昼過ぎにデビルズタワーを出て、軽い夕飯をとるために一休みしたウォーランドまで、時間にして5時間ほどのドライブであったが、その間には平原あり、山脈あり(ビッグホーン国立森林公園)、峡谷あり(テンスリープ・キャニオン)、半砂漠地帯ありといった具合である。
 これだけ万華鏡のようにいろんな顔を車窓から見せてくれるワイオミングのドライブであったが、先にも述べたようにどこまで走っても人の気というものは一切ないということだけは共通していた。 
 特にビッグホーン山脈を越えてからの荒野では、人どころか家畜の姿すらも一切なく、約30分ほどのドライブの間には1台の車にすらすれ違わないという状況。 広大な地平線の彼方へ沈み往く太陽の弱まりつつあるまどろんだような光のせいもあって、じりじりと日中照りつける太陽で真っ黒になった手で握るハンドル操作の合間に、まるで猿の惑星か何処かへ漂着したような不思議な感覚すら体験した。
読後の一押しお願いします。banner_03.gif
*シカゴのことならUS新聞ドットコムをチェック。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on Tumblr

2 Comments

  1. 返信
    ビート 08/08/2006

    はじめまして。足跡残しますね♪
    東京・湾岸エリアでワンコとともに自由気ままに独り言綴ってます。
    本当に果てしなく続く道があるんですね!
    ターミネーターのエンディングみたい!!
    ポチしました!

  2. 返信
    sushi 08/08/2006

    ビートさんへ
     アメリカのドライブは最高です。
    湾岸の散歩も楽しそうですねえ。
    私も夏の間は、ほぼ毎週末湖岸を散歩していますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA