ベアーカントリーの巻

yellowstone032.jpg イエローストーン東口入ってすぐのところは、グリズリーベアーやブラックベアー達の生息地となっており、道路脇の説明書きにも熊が頻繁に出没すると書いてあった。
 今回の旅に同行した精神科医の樺沢さんなんぞは、北海道の出身なので「いやあ、北海道でもね。田舎に行くと熊は結構でるんですよね~。」なんて暢気なことを言っていたが、私のように四国から来た人間にとっては動物園でもない場所で熊がうろうろしているという状況は、ちょっと想像がつきにくい世界であった。
 とにかく、そういうわけで熊なんていうものが身近にはいない生活圏から来た人間なので、ベアーカントリーと言われると「どうしても熊が見たいぞ~っ!」とひとりはしゃいでいたのであった。 
 東口ゲートを通過して約30分後、花畑の真ん中を走る道路にちょっと渋滞ができている場所に差し掛かった。 そしてそして、なんとこの花畑の真ん中に「花咲く森のな~か~、クマさんに出会~った~♪」というあの歌そのまんまに、可愛いブラックベアーが姿を現した。
 こうなると人間のキャラがもろに出る物で、私と樺沢さんの奥さんなんかは、「クマだ~っ!クマだ~っ!」と、別に騒ぐまでも無くすでに渋滞まで巻き起こしてたくさんの人が目撃しているのにも関わらずに大声で騒いでしまったのだが、私の奥さんのエリカと樺沢さんなんかは「確かにクマだけど、まああんたたちそんなに騒がなくっても・・・。」なんていう冷静な目で楽しんでいたのであった。
 とにかくそういうわけで、我々のイエローストーン入り野生動物目撃の第一号はブラックベアーであった。
読後の一押しお願いします。banner_03.gif
*シカゴのことならUS新聞ドットコムをチェック。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on Tumblr

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA