シャイアンの巻

yellowstone98.jpg ☆人気ブログランキング☆ 
 大自然が売りで、全米で一番人口の少ない州であるワイオミング。 そんな州の州都が、人口5万人のこの静かな町シャイアンである。
 州都と呼ぶにはあまりに静かな町だが、州会議事堂は意外にも美しい。 ただ美しいとはいっても、そこは人口5万人の町にある建物。 シカゴやすぐお隣のデンバーの議事堂に比べるとず~っと規模が小さいのは当たり前だが、この町にあると何故かかな~り大きな建物に見えてしまう。
 そしてこの議事堂がワイオミングらしいのは、建物のすぐまん前に大きなバイソンの銅像があることと、道を一本挟んでぐるっと建物を取り囲んだエリアは、小さな一軒家の立ち並ぶ住宅地になっていることだ。
 閑散としたダウンタウンも観光案内所も、まあワイオミングの州都らしいといえばらしいといえるのかもしれないが、とりあえず観光案内所前には誰も相手にされていない馬車が寂しそうに佇んでいた。
 「こういう町には、ローカルな人以外はなかなか住めないだろうなあ・・・。 もしかしたら中途半端な規模なだけに、ワイオミングの大自然の中に家を買うよりも、もっと住みにくいかもしれないな・・・。」なんて思ってしまった。
 
読後の一押しお願いします。banner_03.gif
*シカゴのことならUS新聞ドットコムをチェック。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on Tumblr

2 Comments

  1. 返信
    H.O 20/10/2006

    旅で訪れるのとそこに暮らすのとは、また違いますよね。
    このような小さな街僕は、大好きなのですがよそ者の僕が住めるかは別ですね(笑)
    そんな僕も小さな街に住んでいます(笑)

  2. 返信
    sushi 26/10/2006

    H.Oさんへ
     そうなんですよね。
    アメリカでも南部とか中西部は特に、旅で訪れて可愛い街だなと思っても、住むとなると結構・・・というところが多いという話を聞きます。
     まあ旅は、所詮よそ者だからこそ楽しめるという気楽な部分はありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA