市場の食堂の巻

luis-place1.jpg☆人気ブログランキング☆ シカゴのダウンタウンから歩いてほんの30分ほど西へ向かったところには、フラトン・マーケットと呼ばれる食肉や鮮魚の卸を専門にしている大きな市場がある。市場といっても一般向けではなく、レストランや食材工場への卸を専門にした市場なので、昼間でも一般人の姿を見かけることはまずない。そんなフラトン・マーケットだけあって、観光客がふらっと立ち寄れるような雰囲気の場所ではなく、裏通りには昼間でもちょっと危ない感じが漂い、この一画で見かけるのも汗臭い肉体労働の男達ばかり。通りに若いブロンド女性が歩いているなんてことはまずないようなところといってもよいだろう。
luis-place2.jpg 世界中どこへ行ってもこういう町には必ずあるのが、安くておいしくてボリュームたっぷりの店。もちろん衛生的だとか、お洒落だとかは一切無縁の世界であることは言うまでもない。あの市場独特のちょっと饐えたような、鮮度が高いとはいえ死んだ生き物である食材を扱う通り独特の臭いが店内にもチョロチョロっと忍び込んでくる。
luis-place3.jpg シカゴに限らずアメリカの大都市では、この手の肉体労働の担い手代表格なのが、黒人達と最近急激に人口を増やしつつあるメキシカン達。ということでこの店も、やっぱり彼らが大好きなタコスやブリトなどのメキシコの味を売りにしている。
luis-place4.jpg ブルーカラーの男達の町だけあって、ここからほんの数ブロック先のファイナンシャルデストリクトの小奇麗でシャキッとした雰囲気が嘘のように、濃厚なおたふくソースのような空気が吹き溜まっている。もちろんそんな場所だけに健康ブームなどどこ吹く風で、昼間から酒と煙草は当然のように嗜まれている。こんな店で昼間からメキシコ・ビールを飲んでみるのも、日本ではなかなか出来ない体験だろう。
ここをクリックで応援よろしくお願いします。banner_03.gif
Luis’ Place
232 N Peoria St
Chicago, IL
(312) 666-5736

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on Tumblr

2 Comments

  1. 返信
    H.O 25/08/2007

    sushiさん、ペンキ塗り中のH.Oです!大変ご無沙汰しております!(^^;
    怖いけどそんなボリュームたっぷり物が食べたくなってしまうワタクシです(^^
    一人でぶらっと旅に出たい今日この頃です。いつも僕が行きたくても行けないようなお話を聞かせてくれて、ありがとうございます!(^^

  2. 返信
    sushi 01/09/2007

    H.Oさんご無沙汰です!
    引越しの後で大変でしょうねえ。
    私は引越しの後でもないのに、いつも散らかして大変ですが・・・。
    いつも写真楽しみに拝見してますよ~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA