Posts in Category: アメリカ関係全般

ファイアーデパートメントはシカゴの英雄の巻

firedepartment.jpg シカゴは世界に名だたる超高層摩天楼の街である。 それだけに火事になった時の対策として、ファイアーデパートメントの充実には力を入れており、そのレベルの高さから世界中から消防隊員がシカゴへ研修に訪れるほどである。
 シカゴがファイアーデパートメントの充実に力を入れているのは、超高層ビルでの火災は大惨事になりかねないからという理由の他にも、この街の成り立ち自体とも深く関係している。 シカゴが摩天楼発祥の地、アメリカ型超高層ビル都市のモデルと呼ばれるようになったのは、1871年 10月8日にダウンタウンのウェストサイドで発生した大火災後の復興に端を発している。
 この大火災は2日間で、10万人以上の市民の家を奪い、300人以上が命を落とし、7.5平方キロメートルもの地域が焼け野原と化し、2億ドルもの被害総額を出すという、シカゴ史に残る大惨事となった。 この当時市内で原型を留めた建築物は、現在も観光客が忙しく闊歩するミシガンアベニューに残るウォータータワーだけであったということだ。
 ちなみにこの大火災の原因は、ある農場の牛がカンテラを足で蹴倒したことによると言い伝えられている。 ところが先日、物理学者Robert Woodによる面白い新説が提唱された。 その説とはPlanetary Defense: Protecting Earth from Asteroidsで発表された、「ビエラ彗星から分離した破片の軌道が、1871年に地球と重なっていた可能性があり、シカゴ大火災の原因となった可能性があると言う」もの。 つまり宇宙からやって来た彗星の破片が、シカゴを焼き尽くす大火災の原因となったというのである。 まあどちらが真実なのか、あるいは別な理由があるのか、詳細は今となっては知る由もないが、とにかく現在のシカゴが誇る建築物は、この大火災を気に誕生したのである。
 そういうわけでシカゴは大火災から再生した街の名に恥じないだけの、歴史から学んだ教訓を胸に刻み世界に誇るファイアーデパートメントを抱えているのである。 またその組織を支えるシカゴ・ファイアーファイターズの生き様については、映画バックドラフトを観ていただければ、さらに良くわかっていただけると思う。
 いつも応援ありがとう。banner_03.gif
  
*メルマガ(まぐまぐ無料配信)始めました。 興味のある方は、ここから登録していただけます。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on Tumblr

どれだけ食べればいいのだの巻

icecream.jpg アメリカンサイズというと大きいというイメージを持たれる方が多いかと思うが、それは実際のところ真実である。 特にカリフォルニアのように健康的なイメージが先行する地域は除いて、特に自分の住んでいるシカゴやテキサスなど、アメリカの中心部にある諸地域では、未だにデッカイ車に、デッカイ家、デッカイステーキに、デッカイ・・・、といった具合で、大きい物は良い事だ、大は小を兼ねる、青年よ老人よ子供たちよ大志を抱け、大きいものにもついでに巻かれてしまえってな感じで、人々は大きいものが大好きなんである。
 まあそんなアメリカ人のデッカイ物好きについて書いていくと、とてもじゃあないがブログなどというものでカバーできる量ではないほどの実例がいたるところに溢れているのだが、まあとりあえずこの写真を御覧いただければ、いかにそれが馬鹿げたスケールなのかがよくわかっていただけると思う。 
 確かに乾燥したアメリカの夏に、冷たくって甘いアイスクリームを食べると旨い。 どんどん食べ続けたくなってしまって、止められない止まらないかっぱえびせん状態に陥りやすい。 だが、しかしである。 こんなバケツみたいな容器に入った、持って帰るのも一苦労なサイズのアイスクリームを、たったの4ドル程度で売ってしまっているのが、アメリカの怖いところ。
 安いのだからどんどん消費する、そして人々も気がつけばデッカイなんとやらになってしまっているのである。 その後姿を目にすると、あれだけローカーブだの、ノンオイルだのと騒いでいるヘルシーブーム攻撃も霞んでしまうほど。
 そういうわけでアメリカへ訪れた際には、まず普通の人々が買い物をするグロッサリーストアへ行ってみてほしい。 そこにはバリューパックだの、スペシャルセールだの、バイワン・ゲットワン・フリーだのの、超特大格安大味底無消費者地獄図が展開しているのを目の辺りにすることができる。
 おそるべしアメリカンサイズなのである!
 いつも応援クリックありがとう!banner_03.gif
*メルマガ(まぐまぐ無料配信)始めました。 興味のある方は、ここから登録していただけます。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on Tumblr

アメリカンな卒業式の巻

grad.jpg アメリカの大学生にとって卒業式というのは、日本に比べてもずっと大事な儀式である。 というのも基本的にこの国では、実力社会といわれているだけあって、大学を卒業するという努力に対する世間的な評価も高く、また国民の貧富の差の激しさから誰でもが大学へ行けるような状態ではないというような背景もある。 それだけに学生のほうも親が裕福でない限りは、自分で稼ぎながらとか、途中で休学して一旦稼いでから復学したりという人たちが多く、卒業にかける意思と、それを人生への投資とみなしている点で、卒業式というものへの思い入れも強いのであろう。
 そういうわけで有名校の学生なんかだと、卒業式に前後してグラデュエーションパーティと称するドンちゃん騒ぎが行われ、その騒ぎっぷりといったらまさにアメリカンな豪快さである。 アメリカでは騒ぐときも騒げる奴でないと、優秀な人材とは言わないのだとばかりのお馬鹿っぷりなのだ。 もちろんそういう場では、自分のような普段はお馬鹿な人間でも、やっぱりこいつ等にはかなわんななどと実感さされてしまう。 
 ちなみに卒業後の平均収入は、高卒、大学卒、大学院卒ではっきりと区別され、その激しさといったらアメリカンドリームだから学歴なんて関係ないよなんて思っている日本の人たちからは信じられないほどだ。 こういった階級制度とも言うべきランク付けが、歴然となされているところがアメリカの競争社会の恐ろしいところだったりする。 これは学歴ということだけではないのはもちろんで、金のある人、磨かれた才能のある人、有名家系の人と、それらでない人ではもうびっくりするほどの生活地域や通う店の差がある。
 こういった恐ろしい面もあるのがアメリカだが、逆に言うとそれらをクリアする努力をしたものには、努力に答えるだけの報酬が待っているというわけなのだ。 日本と違ってある意味、弱肉強食が行き渡った競争社会だが、自分などからすれば何をやったらよいのかわからない人たちや、学力低下を嘆きながら、せっかく能力を身に着けても、それを活かす場がない日本の子供たちも、またそれはそれで可哀想だななどと思ってしまうのである。
 まあそんなこんなで、日本の湿っぽいお別れの雰囲気ぷんぷんな卒業式ではなく、アメリカの元気満々これからの戦いに旅立つ戦士達のような卒業式の雰囲気は大好きである。
 いつも応援ありがとう。banner_03.gif
*メルマガ(まぐまぐ無料配信)始めました。 興味のある方は、ここから登録していただけます。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on Tumblr