Posts in Category: アメリカ関係全般

アーミッシュっていったいどんな人達なんだの巻

armish.jpg アーミッシュという人達がいるのをご存知だろうか? 日本ではジプシーユダヤ人といった、祖国を離れながらも同族で強い絆を保って暮らす民族については良く知られているが、アーミッシュという人達についてはほとんど知られていないといような気がする。 このアーミッシュ達が、中西部でもミネソタ州やオハイオ州など、いくつかの地域にコミュニティーを作って暮らしており、シカゴでも時折彼らの姿を見かけることができる。
 アーミッシュは、16世紀にヨーロッパで吹き荒れた、マルティン・ルターらによる宗教改革の嵐の中で生まれた。 彼らは幼児洗礼を認めず、16歳から18歳ころの成人と認められる年齢に達すると、本人の意思で洗礼を受けるか受けないかの決断を委ねられる。 このことから再洗礼派(アナバプティスト)と呼ばれるようになる。
 1525年にオランダ再洗礼派のメノー・シモンズが再洗礼派を組織化し、メノナイトと呼ばれるグループを作り上げる。 度重なる迫害を受けながら結束を固めた彼らは、ドイツで起こった30年戦争(1618-48)を機にドイツ南部から、フランス国境、スイスへと逃れる。 そんな中でスイス・メノナイトのヤコブ・アマンは、メノナイトが失いつつあった純粋性を取り戻すために、1693年にメノナイトを離れてアマン派(アーミッシュ)と呼ばれるグループを形成する。
 その後のルイ14世による征服と追放などにより、行き場を失ったアーミッシュ達は、クウェーカー教徒ウィリアム・ペンの考えに同調して、アメリカ大陸への移住を決意する。 そしてこの時に大西洋を渡った彼らの子孫は、アメリカ合衆国28州とカナダで20万人以上のコミュニティーを現在も形成し続けている。 ただし彼らが生まれたヨーロッパには、すでにアーミッシュは存在していないということである。
 ヨーロッパでの迫害と殉教の歴史は、アーミッシュ達が一家に必ず持っているといわれる、殉教者の鏡という本になって今も読み続けられている。 アーミッシュの人々は、この殉教者の鏡、賛美歌、そして聖書の3冊を読む能力と、男性は畑仕事、女性は家事ができればそれ以上の勉学は必要なしとされ、大学教育などは忌み嫌われており、特別な理由を除いては教会から許可が出ないということである。
 コミュニティー以外の人達には、何かと謎の多いアーミッシュの人達だが、何といっても人々の目を引くのはその服装と、生活様式。 パッと見でも彼らだとすぐに判断できる、男性はサスペンダー付の黒っぽい作業服に黒っぽい淵付帽子、女性は薄めのブルー系に染まった裾の長いワンピースに、きっちりと結わえた髪型と、白のオーガンジー帽子といういでたち。 
 さらに現代生活を拒否するかのような、機械化を極力避けた生活様式。 例えば、自家用車や自宅への電話機設置は認められず、旅に出るときや、村で共同の公衆電話の設置のみ許可されるという。 さらには電気を使用する為の電線を引くことも許されず、電気は小型の自家発電機のみ許可されるという徹底振り。 そういうわけでTVやパソコンなどはもってのほかで、とにかくコミュニティーの範囲から外へと繋がる移動手段や、情報網に関してはかなりの神経質さを発揮する。
 そんな彼らは、彼ら独自の言語である通称ペンシルバニア・ダッチと呼ばれる、ドイツ語由来の言葉を話し、バギーと呼ばれる馬車をメインの交通手段として、自分たちのコミュニティーを固く守りながら、強い団結の元で暮らしている。
 アメリカ国内でアーミッシュといえば、まずは近代文明を拒絶しながら質素に暮らす、酪農品や手作り家具などを特産品として出荷する、ちょっと気になる人々といったところだろうか。 自分自身も、シカゴの街中で数回ほど彼らの姿を目にしたことはあるのだが、彼らに関する情報は、いろんな文献や人からの聞き伝えだけで、直接彼らからの情報を得たということはまだない。 おそらく日本での資料は、数少ない書籍を除いては、ハリソン・フォード主演の目撃者―刑事ジョン・ブック(1985)くらいのものではないだろうか。
 アメリカという超近代国家で暮らす、前時代的な生活様式の人々。。。 しかし気になる存在ではある。
 いつも応援ありがとう!banner_03.gif
*メルマガ(まぐまぐ無料配信)始めました。 興味のある方は、ここから登録していただけます。

ハイウェイを流れる景色の巻

road.jpg アメリカのハイウェイという奴は、かなりの優れものだ。 日本のように高い通行料というものもなく、大概は無料で、大都市の近くや州境でだけ有料になるというもの。 しかも有料とはいっても、ほとんどの場合は1ドル以下くらいのものである。 そんなハイウェイが、日本の約25倍も面積のあるこのでっかい国を縦横無尽に張り巡っているのだ。
 日本でいう所のJRにあたるものとして、アメリカにはアムトラックというものがあるのだが、これがもう客を乗せて走ろうという気合が全然失せてしまった、ほぼ瀕死の状態なのである。 そういうわけで豪華客車やNY-DC間などの特別な路線を除いては、時刻表などあってなき様な物のうえに、トイレも息を止めている間に用を足さねばならない状態。 それでいて運賃の方は、飛行機を使った方がマシなのではないの?といったありさま。
 一説にはアメリカの自動車産業とオイル産業界が手を結んで、無理やり人々に車の購買と使用をするように仕向けたとかいう陰謀説もでるほどに、この鉄道網がだらしがないのである。 もちろん貨物列車に関しては未だに健在で、中西部や南西部の大地を走る貨車は、見渡す限りの地平線の彼方へ、列車自体も合わせたような果てしのない長さ。 実際にどれほど長いのかは知らないが、とにかく都会生活に慣れた人間の目では、端が見えないほどの長さなのである。 そしてもちろんこれらの路線は、客車などとっくの昔に廃線なのはいうまでもない。
 またいつものように話しがハイウェイから鉄道に逸れてしまったが、それほどだらしがない鉄道網をカバーする意味で、アメリカではハイウェイと航空路線が異様に発達しているのである。 それだけにアメリカの生命線である、この充実したハイウェイの上を走り去る物体も、日本ではお目にかかれないようなものがたくさんある。
 シカゴの場合でいえば、高層ビルが立ち並ぶ都心から1~2時間も走って郊外へ出れば、その間には一般車、タクシー、バスなど見慣れたものに加えて、いかにもアメリカンなチョッパーバイク、湖へバカンスに繰り出す小さな家ほどもあるボートを引っ張るトラック、家などなくてもこれさえあればどこでも我が家なさすらいのトレーラーハウス、そして庭さえあれば本物の家(!)ごと引きずって走るトレーラーなどなど。
 そして極めつけは、アメリカの流通を牛耳る公営住宅の小さなアパートほどのサイズもある超大型トレーラーの隊列。 このトレーラーのサイズというものは、日本に住んでいたのではまず絶対に想像ができないほどの大きさ。 第一が日本の公道では、サイズ的に走行不可能である。 薄暗くなってきて霞がかかったような夕暮れ時に、時速120~140キロで唸りをあげてぶっ飛ばすこの隊列に囲まれた時などは、生きている心地がしないほどに恐ろしい。 小型の自家用車などで運転中に、運悪く彼らに囲まれてしまうと、一切の視界が巨大な壁に遮断され、ハンドルをしっかり握っていても、彼らが身震いを起こす度にブワンブワンと左右に揺さぶられるということになる。
 ドライブ好きの方は、ぜひ一度はハンドルを握ってこの光景を眺める為にも、日本からは国際免許を取得してきたほうがよい。
 「ユキノヒノシマウマ」は、最もアメリカらしいと呼ばれる街シカゴから生情報を発信していきますので、「人気ブログランキング」へのクリックよろしくお願いします。banner_03.gif
*メルマガ(まぐまぐ無料配信)始めました。 興味のある方は、ここから登録していただけます。

夢のマイホームをお持ち帰りでの巻

trailerhouse.jpg 「父ちゃん、あれがいいよ~。」 「ねえ、あなた~。 あれにしましょうよ、うっふん♪」 って、別に家族が近所の電気屋で、DVDプレーヤーでも買おうかっていう会話ではない。 これは日曜の午後2時半に、アメリカの”ある”小さな町の外れにある、家のテイクアウト・ショップでの会話なのである。
 アメリカという国は広大な領土を持つだけあって、山が好きな人は見晴らしのよい高台で、海が好きな人は海岸沿いに、湖が好きな人は湖岸で、川の好きな人は川沿いで、砂漠の好きな人は荒野の真ん中で、都会の好きな人は摩天楼の片隅で、といった感じでバラエティに富んだ立地条件を好みに合わせて、しかもかなりお安く住む所を確保できたりする。 
 まあそうはいっても近頃の土地バブルによって、アメリカの不動産価格はかなり騰がってしまったが、それでもまだちょっと郊外へ出れば土地の広さは関係なしに、家の状態だけでその不動産の価値が決まるというような場所はごろごろしている。
 それだけにお気に入りの土地を見つけたら、そこを安く手に入れるか、親戚の土地の端っこなんかを分けてもらうだけで、後は家を買ってしまうだけでOKなのである。 もちろん古い家を買うとか、そこに建てるという方法もあるが、やはりアメリカらしいやり方といえば、このすでに出来上がった普通の家を買って即お持ち帰りという方法だ。 お持ち帰りだからといって、別に小さな長屋タイプとは限らない、日本の平均的な家よりもずっと立派な2階建ての家だって、ここで買った後で、ハイウェイをトレーラーで引っ張って行き、そのまま湖の畔にドンッ!と据え付ければ、その日の内にキャンプでテントを張るように自宅が出来上がってしまうのである。
 さすがは開拓史を持つ、移動好きな国民なだけのことはあるというものだ。
 ここをクリックして応援してくれると逆立ちして喜んでます。banner_03.gif
*メルマガ(まぐまぐ無料配信)始めました。 興味のある方は、ここから登録していただけます。