Posts in Category: イエローストーン関係

アイオワ80の巻

yellowstone106.jpg☆人気ブログランキング☆
 世界で一番大きなトラックドライバー・ステーションが売りのアイオワ80。 これまた何もない州と陰口を叩かれるアイオワ州では、有名な観光(!?)スポットである。
 もちろん観光スポットとはいっても、所詮はドライブイン。 特に何があるわけではない、お土産屋とフードコートがあるだけの一見なんてことのないだだっ広い、ハイウェイ沿いの休憩所である。
 ところがところが、このアイオワ80。 さすがは「世界一の」と謡っているだけのことはあって、駐車場には常時巨大なコンボイが頭を並べ、ドライブイン内には無精髭を生やしたむさ苦しい男たちがのんびりとくつろいでいる。
 そうこのむさ苦しい男たちこそが、あの大きなコンボイを操って、広いアメリカ大陸を縦横無尽に走り回っているトラックドライバーなのだ。 
 イージーライダーなどでも知られる、シカゴとLAを結ぶ大陸横断の基線ルート66が廃線になってからというもの、このルート80は大陸横断の基線のひとつとなっているので、トラックドライバーがこのルート上に多いのも当たり前といえば当たり前なのだが、そんな彼らが静かな平原を走りきった後で、大都会シカゴへ入る前の一息を入れるのがこの場所というわけだ。
 刺青男、髭面男、百貫男・・・、アメリカのトラックドライバー達は本当にたくましい奴等が多い。 そういうわけで、このドライブインにもレッドネックといえばお約束のWWEやNASCARグッズも充実している。
 そしてなんといっても圧巻は、このドライブインにあるアイオワ80キッチンのバッフェ。 サラダからスープそしてデザートまで何でも食べ放題で、税込み・チップ込み10ドル以下というリーズナブルな値段設定なのだが、その値段でありながらも、メインフード陣が本気でトラックドライバーを相手にするに十分の迫力なのだ。
 フライドチキン、ミートローフ、スペアリブなども、こってりぼってりといった感じでボリューム満点。 長距離ドライブで朦朧とした頭で、何も考えずにもくもくと胃に掻きこんでしまったりすると、後からボディブローのように胃袋の奥深くにズドンとくる重さなのだ。
 こういう料理は、まさに男たちの集う、「世界一のトラックドライバー・ステーション」にこそ相応しい貫禄である。
 
読後の一押しお願いします。banner_03.gif
*シカゴのことならUS新聞ドットコムをチェック。
IOWA 80 Kitchen
Iowa 80 Truckstop
755 W. Iowa 80 Rd.
I-80, Exit 284
Walcott, IA 52773
563-284-6961

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on Tumblr

懐かしいアイスクリンの巻

yellowstone105.jpg☆人気ブログランキング☆
 オマハのダウンタウンにあるこのアイスクリーム屋さんは、ネブラスカで一番おいしいアイスクリーム屋にも選ばれたこともある店。
 外から見ると、なんだか昔懐かしいDr.スランプのペンギン村にあるような、色使いと面構えをした建物。 さらに店内のデコレーションも、80年代風のネオンサインで飾り付けられている。
 そんなちょいレトロな風貌のこの店で出してくれるアイスクリームは、昔ながらの木組みの樽にいっぱいの氷を詰めて、その中へミルクたっぷりのアイスクリームの元を流し込んでネコネコしてくれる。 そのネコネコ練っていく姿を、店内では眺めることができるようになっており、これがまたのんびりしていていい感じなのだ。
 それだけに出来上がったアイスクリームは上品というよりは、むかし縁日なんかでみかけた和製ジェラート風のアイスクリンみたいな素朴な味。
 お洒落な店で気取ったジェラートというのもいいかもしれないが、こういう店の素朴なアイスクリームというのは、やっぱりどこでも愛される一品だろう。
読後の一押しお願いします。banner_03.gif
*シカゴのことならUS新聞ドットコムをチェック。
Ted & Wally’s Ice Cream
402-341-5827
1120 Jackson St
Omaha NE 68102

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on Tumblr

オマハのベーカリーの巻

yellowstone104.jpg☆人気ブログランキング☆
 いかにも中西部の中都市といった風貌をしているオマハだが、その静かなダウンタウンにあるおしゃれなカフェの一軒がこのデリチェ。
 イタリア語ではデリチェで幸せ、フランス語ではデリスでとってもおいしい!って意味のDelice。 さすがラテンの国の言葉だけあって、食べることの幸せ感が伝わってくる言葉でもある。
 そんなデリチェって響きを店の名前につけているのがここなのだが、店内はシカゴのノースサイドにあってもおかしくないような今風のおしゃれなカフェ。 オマハには失礼だが、ここがネブラスカだってことを忘れてくれるような雰囲気をもっている。
 味の方はさすがにシカゴのダウンタウンには一歩及ばないが、こんな大陸のど真ん中にある街にあることを考えると、これはまったくもって満足できてしまうレベルである。
 しかし何よりも驚かされたのは、ボリュームで勝負の大平原に位置するオマハにあって、このカフェのランチで出てくるサンドウィッチやキッシュの盛られた皿のボリュームの小ささ。 この土地柄に、このボリュームで勝負を賭けてくるあたり、店主の気合がちょっとばかし伝わってきた。
読後の一押しお願いします。banner_03.gif
*シカゴのことならUS新聞ドットコムをチェック。
DeliceEuropeanBakery&Cafe
Omaha’s Downtown Old Market
1206 Howard Street
Omaha, NE 68102
DeliceEuropeanBakery@yahoo.com
phone: 402-342-2276
fax: 402-342-0149
Monday-Thursday: 7:30 am-9:00 pm
Friday & Saturday: 7:30 am-11:00 pm
Sunday: 7:30 am-6:00 pm
Closed at 4:00 pm on the day before each holiday.
Closed: Thanksgiving Day, Christmas Day, New Years Day, Easter Sunday and Independence Day

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on Tumblr