Posts in Category: グロッサリー関係

スウィートのスーパーマーケットの巻

pierres.jpg☆おいしいグルメランク☆
 初めての人でも気軽に入ってメキシコ系のケーキを買うことができるのが、CTAブルーラインのローガンスクエアー近くにあるこの店ピエールズ・ベーカリーである。
 メキシコ系を中心にしたラテンの人々が急増中のこのローガンスクエアー周辺だが、そんなエリアにあって一口サイズのクッキーからウェディングケーキまで、スウィートならなんでもお任せといわんばかりの品揃えと広くて明るい店内は、遠くからもここのケーキを買いに来る人が多いのも納得。
 とにかくあま~いものから薄口のもの、シンプルなデコレーションのものからド派手なカラーのコテコテのものまで、これだけバリエーションがあるケーキ屋も珍しい。
 値段の方は他のメキシコ系のベーカリーに比べるとそれほどお安い設定ではないが、清潔な店内と広い駐車場は、日本人にとってはむしろ馴染みやすいといえるだろう。
 メキシコ系のケーキをまだ試したことがない人にぜひお勧めしたいのは、3種のクリームが重なったしっとりケーキのトレズ・レッチェ。 私はこのケーキが大好きで、これを食べるためだけにちょくちょくメキシコ系のベーカリーへでかけているほど。 スウィート好きの人は、ぜひお試しあれ。
読後の一押しお願いします。banner_03.gif
*シカゴに関することなら、シカゴ総合情報サイトUS新聞ドットコム
Pierre’s Bakery
2747 N. Milwaukee, Chicago
Tel: (773) 252-8888
Hours: 6 a.m.-8 p.m. daily

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on Tumblr

エチオピアン・グロッサリーの巻

kukulu.jpg☆おいしいグルメランク☆
 エッジウォーターにあるこのエチオピアン・グロッサリーは、素っ気無いインテリアと、小じんまりとした店のサイズのせいもあって、この店を知らない人にはほとんど気がつかないような店である。
 しかしながらこの店には、なんとコーヒー発祥の地と伝えられ、コーヒーという呼び名の元にもなったエチオピアのKafe地方から直輸入されたコーヒー豆が売られているのである。 
 その豆を購入してもよいし、エチオピア人のオーナーが自家製焙煎してくれている豆を買ってもよい。 とにかく素朴で荒削りなコーヒーの馨りを楽しんでみたければ、ここで豆を買ってみるのも面白い。
 またエチオピア料理といえば付き物の、あのちょっと酸っぱいクレープのようなパンのインジェラも売られている。 もちろんインジェラの手作りに挑戦したいという人のためには、このインジェラの素になる粉もパック詰めにされて売られているから一安心である・・・、とはいっても作り方を知っていればであるが。
 そのほかにも店は小さいながらもエチオピアのスパイスなど面白い食材があるのだが、食材以外にもエチオピアの民芸品や音楽CDなんかも売られていて、他ではなかなか見ることができないものなのでそれらもなかなかに興味深いところである。
 ありふれたものではなく、ちょっと変わった店を探している人にはいいかもしれない。
読後の一押しお願いします。banner_03.gif
*シカゴに関することなら、シカゴ総合情報サイトUS新聞ドットコム
Kukulu Ethiopian Market
6129 N. Broadway
773-262-3169

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on Tumblr

ポーリッシュ系激安グロッサリーの巻

midtown-produce.jpg☆おいしいグルメランク☆
 シカゴには代表的なところでメキシコ系、東南アジア系、チャイニーズ系、ギリシャ系、ユクライナ系の各民族が固まって住むネイバーフッドと呼ばれるエリアがダウンタウンを囲むように存在し、その各エリアに格安のグロッサリーが存在するのだが、ポーリッシュ系の人々が多く住むミルウォーキー・アベニューにもミッドタウン・プロデュースというこれまたびっくりするようなお値打ち品が揃うグロッサリーが存在する。
 特にこれといった特徴もないローカルな小さなグロッサリーなのだが、野菜やフルーツに関してはウォルマートもびっくりといった値段の商品が、店先の歩道にまで並べられている。 
 例えば大粒のマスカットが2房で99セント、桃やオレンジも1個10セント、黄色や赤のピーマンが1個10セント・・・といった感じで、「おいおい、これで元はとれるの?」とこっちが心配しそうなくらいの値段設定。 しかも全米一高い税金率であるシカゴ市内にありながら、消費税すらとられないプライスタグそのまんま勝負。 つまり99セントと書いてあれば99セントしかとられないんである。
 まあダウンタウンや北西部郊外などの日本人が多く住む地域からは、いちいち買い物に来る手間を考えるとどうかなという部分は確かにあるが、近くに住んでいる人であればもう絶対にここで買い溜めをして損はしない安さだ。
 こういう店があるからネイバーフッド散策は面白い。
読後の一押しお願いします。banner_03.gif
*シカゴに関することなら、シカゴ総合情報サイトUS新聞ドットコム
Midtown Produce
3042 N Milwaukee Ave
Chicago, IL 60618

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on Tumblr