Posts in Category: シカゴランド観光案内

とってもディープなメキシカンタウンの巻

mexicantown.jpg 先日メキシコ系の人々が多く住むピルセンという街を紹介したが、実はシカゴにはもっとディープなメキシコ系タウンが存在する。 場所的にいうとダウンタウンすぐ南西隣にあるピルセンから、さらに南西へバスで30分ほど進んだ地域。 ピルセンはともかくとして、ここまで行くとまあふつう日本人が訪れる機会というのはほとんどないと思われるところである。 
 何がディープかというと、ピルセン辺りだと少なくとも少数の他民族系の人も見かけるし、英語もそこそこ通じる。 しかしこの辺りまでいくと、路上の露天から、小さな商店、道を行交う人々までもうまったくといってよいほどにメキシコそのもの。 英語で話しかけてもまず通じないと思った方がよい。
 それだけにメキシコ系の人々の素顔がうかがえるのだが、貧しい人々も多く住み、決して治安が良いとはいえない地域でもある。 もちろん基本的には明るくてフレンドリーな住人なのだが、決して興味本位で観光客が訪れてよい地域とはいえないだろう。
 それでもなぜ自分はこの地域へときどき訪れるのかというと、こういったいかにもメキシコっていう感じのローカルさに何だか興味を惹かれてしまうのだ。 もちろんどうしてと聞かれても、上手く言葉では説明できないのだが、とにかくシカゴにかなりある移民タウンの中でもそのディープさでは筆頭候補といってもよいであろう。
 
 すでにご存知の方も多いと思うが、アメリカ合衆国という国ではメキシコ系を含むラテン系の人々が急増中で、すでにアフリカンアメリカンの総数を上回り、このまま行けば50年以内にも彼らはマイノリティではなく、マジョリティになるとの予測も多い。 そのことは南カリフォルニアや、マイアミ、テキサスなどを訪れたことのある人ならば、道路標識や、町の人々が交わすスパニッシュや、ラジオから流れてくるラテンのサウンドで実感したこともあるかと思う。
 そういうわけで今回の地域は観光客には決してお勧めしないが、ディープなメキシカンタウンが、国境から遥か北の彼方のシカゴにだって存在するということを紹介した。 そういうわけで具体的な地域の名はここでは伏せておく・・・。
いつもクリックで応援してくれて本当にありがとうございます。banner_03.gif
*シカゴに関することなら、シカゴ総合情報サイトUS新聞ドットコム

ワルシャワの次にポーリッシュの多い街のフェスティバルの巻

taste-polonia.jpg 夏の終わりのシカゴは、余所者や新参者にはあるのかないのかわかんないような、昔っからのシカゴアンだけに感じられる秋らしい秋をすっ飛ばして、いきなり冬に突入する前の名残を惜しむような勢いでフェスティバルが各地で怒涛のように開催される。 
 もちろんいくらお祭り騒ぎが大好きな私でも、それらの全てに参加することは不可能に近いので、いろいろ参加したい病を僅かでも癒すために、週末に開催されているものの中から厳選して、1日に3つもフェスティバル巡りを決行するというような強行作戦に出なければならないのだ。
 そういうわけで今回は朝の部として、ワルシャワの次にポーリッシュ人口が多いといわれる、別名リトルワルシャワといわれる地域で開催されたテースト・ポロニアに参加してきた。
 現在シカゴでも最もお買い得な不動産物件が眠るといわれる地域の、地下鉄ブルーライン駅ジェファーソンパーク近くの広場で毎年9月の初めに行われる、このポーリッシュのポーリッシュによるポーリッシュのためのフェスティバルは、かなりポーリッシュ度の高いフェスティバルで、一見してポーリッシュとわかる東欧系の顔立ちの人以外には、フェスティバルの参加中ほとんど出会うことはなかった。
 また若い子を除いては、かなりの人々が英語が一切理解できないといっても過言で無いほどのポーランド語の普及率で、周りから聞こえてくる言葉は「*&@^#%$&&@^$」といった何が何やら意味のわかんないサウンドばかり。
 とりあえずフェスティバルの標識や、屋台のメニューなんかは英語表記されていたので、とりあえず一安心といったところだったのだが。。。 まあそこはヨーロッパ人の常というか、アルコールに対する寛容度はアメリカ人よりも遥かに緩く、昼真っからポーリッシュ名物のポーリッシュソーセージやポテトパンケーキをつまみに、ビールを片手に歌えや踊れやの大騒ぎ。
 ポーリッシュタウンを見ずして、シカゴのネイバーフッドは語れません!
いつもクリックで応援してくれて本当にありがとうございます。banner_03.gif
*シカゴからメルマガ(まぐまぐ無料配信)を配信していますので、興味のある方は、ここから登録していただけます。
 

オヘア空港は世界で一番働き者の巻

ohare.jpg シカゴのダウンタウンを訪れたことがなくても、オヘア空港を通過したことがある日本人は大勢いるはずだ。 というのもこのオヘア空港はユナイテッド航空の本部があり、またアメリカン航空のハブにもなっている世界一忙しい空港なのだから。 もちろん先に上げた2社に限らず、数え切れないほどの各航空会社の便と、計6本の3本平行滑走路を持つというとんでもない巨大空港でもある。
 これだけのアクセスを誇る巨大オヘア空港がシカゴにあるわけは、この街がアメリカ第3の都市であるというだけではなく、アメリカ大陸をまたぐ中間地点に位置しているということも大きい。 またこのことは別に空の便に限らず、シカゴ発展の歴史は各時代の交通機関の発達の歴史とも強く繋がっているともいえる。 例えば大西洋からミシガン湖、そしてシカゴ川からミシシッピ川を下りメキシコ湾へというルートで繋ぐ水上機関基地、例えばニューヨークとデンバーなどの西部を結ぶ鉄道網の中継点、例えばLAからシカゴを通って東部と西部を繋ぐハイウェイ・ルート66などなどである。
 それだけに空港といっても、1つの空港というよりは、4つの空港が集まっているような作りになっており、国際便はターミナル5につくから覚えやすいものの、日本から訪れる場合でも乗り継ぎ便などで到着する国内線にいたっては、よくよく到着便の番号と航空会社を聞いておかないと、日本からの知人を迎えに行ったはずが、どこへ着くのやら着いたのやらさっぱりわからないといった事態にも陥りかねない。 
 基本的に空港内の各ターミナルは無料のトラムや、地下道で結ばれているのだが、これだけ大きいと、初めて訪れる人にとっては乗り継ぎなど、なかなか感覚的に難しいのも事実。 そういうわけで、この空港に着いたら、自分が何番ターミナルに居て、何番ターミナルへ行くべきなのかということを、まず確認することが大事だ。 その時にもし大きな恐竜の化石がターミナル内にあるようであれば、そこはユナイテッドが発着するターミナル1である。
 そういうわけで、このアメリカの交通の要所にあるオヘア空港は、世界一忙しい空港として、この街を訪れる人、この街を経由してさらに先へ旅立って行く人などを毎日毎日捌き続けているのである。 
 いつも応援ありがとう。banner_03.gif
  
*メルマガ(まぐまぐ無料配信)始めました。 興味のある方は、ここから登録していただけます。